おじいちゃん・おばあちゃんにもタンパク質を! 「豆乳まーめん」で、年齢に負けない丈夫な体づくりしませんか?

「健康寿命」というように、いくつになっても出来るだけ元気でいたいですよね。
そんな丈夫な体づくりのカギといえば、やっぱり“タンパク質”です。

タンパク質=お肉のイメージがありますが、歳を重ねるとお肉が苦手になってくることも。
そんな時は大豆麺九州まーめんで、美味しくタンパク質補給しましょう。

本日ご紹介する「豆乳まーめん」は、丈夫な体づくりに大切なタンパク質とカルシウムを1食でたっぷり摂り入れられるメニュー。
同じ大豆からできた豆乳のスープは、まーめんと相性バッチリ。さらに、香り豊かな桜海老と春菊で、美味しさもカルシウムもアップします。

あっさりとした味で食べやすく、敬老の日ごはんとしてもピッタリです。
ぜひお試しください!

春菊と桜海老の豆乳まーめん

●材料

まーめん(無添加)…1玉
(お好みで)塩・重曹…小さじ1/2

豆乳…150ml
ゆで汁…おたま2杯
めんつゆ(2倍濃縮)…大さじ3
桜海老…大さじ2(いっぱい入れると美味しい)
春菊…適量

●作り方

(1)まーめんをゆでる。水1Lに対して、重曹・塩を各小さじ1/2入れ、小さい泡がコトコト出るくらいの弱めの沸騰でじっくりと好みの固さになるまでゆでる。

(2)茹で上がったらゆで汁をおたま2杯だけ器に移す。麺をザルにあげて水を切る。

(3)沸騰したお湯で、春菊を30秒程度かるくゆでる。

(4)器にめんつゆ・温めた豆乳を加えてよくかきまぜる。まーめん・春菊・桜えびを入れたら完成!

九州まーめんはコチラ!

商品一覧